人間関係が理由なら、逃げても大丈夫

看護師として仕事をしていく上では、人間関係というのはどこまでいってもくっついてくるもの。看護師や医師との関係であったり、患者さんとの向き合い方であったり。看護師から看護師へ、他の職業から看護師へ転職するときでも、これを理由としてはいけない、なんていうのは思い込みにすぎませんよ。だって看護師に転職するなら、人間関係が新しくなるだけで、終わってしまうわけではありませんから。自分にとってマイナスしかない人間関係の中仕事をして、患者さんの笑顔に応えられますか? ここでイエスという言える人は、たぶん看護師に転職しようとする理由、見つけることはできないでしょう。ノーだっていいんです、転職したいと思って、動いていこうとしているのです。

転職の理由が、人間関係が肌に合わないこれは結構。気をつけるべきことがあるとすれば、同じことを繰り返さないという部分です。自分には万に一つも悪いところはないから、周りの人がよくないから。そんな風な考えをもっていたら、なんど看護師に転職しても一箇所に落ち着けないですよ。清廉潔白であれ、というわけではありません。自分には周囲の人間関係に対して持つコンプレックスがあるということを、認めてしまえばいいんです。看護師に転職したい理由としては、自分と病院、どちらでも調整がききますから楽な方ですよ。

このサイトについて

職業故の悩みや考え、転職に活かしてみませんか

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。